利尻白髪染めシャンプー公式サイト

↓ ↓ 

 http;//www.sastty.com/

30代後半から、白髪に悩む人が増えると言われています。
日本人の髪の毛は黒いため、1本でも白髪があると目立ってしまい、老けた印象になってしまいます。そこで、白髪染めを利用するようになりますが、染めるのにもいくつか種類があり、どれを選んだらいいか困ってしまいます。

 

 

よく耳にするヘアマニキュアとは、爪に使用するマニキュアと同様に、髪の外側に染料が染み込むことで色を付けます。髪の毛と同じ酸性なのでダメージが少なく、白髪に使うと自然な着色になるので、真っ黒になってしまって目立つことがありません。

 

ヘアカラーは髪の毛を脱色して、内部まで色を付けていくので、持ちはいいですが、その分ダメージが強く出ます。

 

ヘアマニキュアは美容院で行うこともできますが、自宅用のセットも販売されています。着色させるという目的で作られたので、自宅で行う場合は、家具やお肌に付かないように気を付ける必要があります。生え際や襟足などには、水をはじく性質のあるクリームをあらかじめ塗っておくといいでしょう。こうすることで、着色を防ぐことができます。

 

一方、最近人気を集めているのが、白髪染めトリートメントです。白髪染めトリートメントは、髪の毛を保護するトリートメントの中に白髪染め効果が入っているものです。髪の毛の内部まで浸透することはありませんが、毎日使い続けることでゆるやかに着色し、自然な仕上がりになるのが魅力です。

 

使うのもお風呂の中なので、家具が汚れる心配もありません。ヘアマニキュアと比較すると、お肌に付いても石鹸などで落としやすいというメリットがあります。ただ、ヘアマニキュアのように、1回やったらすぐに色が付くというわけではなく、あくまでトリートメントなので即効性はありません。髪の毛のダメージもなく、毎日の生活の中でゆっくりと染めてイメージです。継続すればするほど、色がしっかりと入っていくので、ツヤのある若々しい髪の毛になります。

 

関連ページ

ヘアカラーには危険がいっぱい
たった1回で白髪がしっかり染まるヘアカラーですが、最近はあまり人気がなくなってきているようです。理由はその危険性に気づいた人が多くなってきたからです。ヘアカラーにはどんな危険性があるのでしょうか?
白髪があると見た目年齢が老けて見えます
髪の毛というのは、すぐに他人の目を集める、体の中でも最も目立つパーツの1つです。なので、老けた印象を与えたくなければ、やはり白髪染めは大切な身だしなみです。
白髪が生える仕組みとは?
髪が傷まず、短時間で面倒な手間いらず、そして汚れない。 市販の白髪染めなのに安心して手軽に白髪染めができます!
いま市販の白髪染め剤が危ない!
先日消費者事故調(消費者庁)によると市販のカラーリング剤によるアレルギー性皮膚炎が急増しているそうです。頭皮にやさしく、髪が傷まず、短時間で面倒な手間いらず、そして汚れない。 市販の白髪染めなのに安心して手軽に白髪染めができます!
髪の毛や頭皮を傷めたくないなら
髪の家や頭皮を傷めたくないなら、ヘアマニキュア系の白髪染めが安心できるのでおすすめです。なかでも利尻白髪染めシャンプーは、シャンプーするだけでいつの間にか白髪がなくなっているのでうれしいです。