利尻白髪染めシャンプー公式サイト

↓ ↓ 

 http;//www.sastty.com/

いま市販の白髪染め剤が危ない!

いま市販の白髪染め剤が危ない!

 

大変なことがニュースになっています。

 

2015年10月23日、消費者安全調査委員会(消費者事故調)が発表した資料によると、市販の白髪染めや美容院のカラーリングによりアレルギー性皮膚炎を発症したとみられる方が急増しています。

 

昨年までの5年間の調査で、1000件を超える事例が報告されているそうです。うち、1か月以上の重傷事例は166件にも達したそうです。

 

その原因は、染毛剤の主成分「パラフェニレンジアミン」などの化学薬品によるものと推測されており、頭皮や首、顔にアレルギー性や刺激性の皮膚炎を発症させたとしています。(画像出典:ANN)

 

 

いままで使って大丈夫な人は心配ないですか?

 

「いままで10年以上使い続けているけど大丈夫なので、私はこれからも心配ないです。」と思った方、多数いらっしゃるのではないでしょうか?私も、いままで大丈夫な人には関係ない話だと思いましたが、そうではないそうです。

 

先月まで大丈夫だった人が、いきなりに突然、発症するそうです。特に若いころから継続的に使っている人は、発症のリスク大です。

 

どうやら、花粉症のように蓄積型のアレルギー反応のようです。花粉症もそのメカニズムが詳しくわかっていないようですが、花粉を吸い込んだ総量が一定量を超えると発症するとも言われています。

 

このアレルギー性皮膚炎も花粉症と同様に長年、「パラフェニレンジアミン」などの化学薬品が使われている毛染め剤を愛用してきた方ほど、気をつけなければならないかもしれません。

 

>>>ジアミン系の化学薬品を使用していない市販の白髪染めはこちら<<<

 

 

 

「2液式」とか「2剤式」といった白髪染めの仕組みは?

 

いままでの白髪染めは、薬品の化学反応によって、髪の毛表面のキューティクルを強制的に破壊し、無防備になった状態の髪の毛に、さらに強制的に染料を浸透させ、さらに髪の毛内部で化学反応を起こさせる方法で毛染めします。

 

「2液式」とか「2剤式」といった用語を聞いた方もいらっしゃると思いますが、市販の白髪染めの多くは、この2るの薬剤を混ぜて使用する方法をを採用しています。

  • 1液目にはジアミン系の酸化染料とアルカリ剤の2種類の成分が入っています。
  • 2液目には過酸化水素が入っており、この酸化反応によって、漂白と発色、色の定着が行われます。

 

詳しく白髪染めの仕組みを調べてみると、髪の毛の内部では、なかなか暴力的ともいえるほど乱暴に毛染めが行われれいるのです。ですから、白髪染めを行うと、髪の毛の艶や潤いが奪われ、急激に髪の毛が傷んでしまうのです。

 

 

 

パラフェニレンジアミンが使われていない白髪染めはありますか?

 

このところ、パラフェニレンジアミン、いわゆるジアミン系の化学薬品が使用されていない毛染め剤が人気です。
いわゆるヘアカラーではなく、ヘアマニキュアとよばれる方式で、さらに自然由来成分が使われているタイプがおすすめです。

 

ヘアマニキュアというのは、髪の毛自身がもつプラスイオンとマイナスイオンを利用して、髪の毛の表面をコーティングする方法で、2剤式の永久毛染めに比べると、頭皮にも髪の毛にもやさしい方法です。厳密にいうと、「毛染め」ではありませんが、広い意味で毛染めとして利用されています。

 

このヘアマニキュアにも、メリットデメリットはあるのですが、アレルギー性皮膚炎の観点から見ると、石油から作られる酸性染料(タール色素)が主成分になっているものが大半であることは、心配な点です。

 

 

そのため、この色素成分をタール色素にかわって、「シコン」「クチナシ」「ウコン」「アナトー」などの植物性の天然色素を用いたものが、あらためて人気急増中です。

 

理由はもちろん、天然素材の染料で、パラフェニレンジアミンが使われていないからです。

 

そのため、手袋不要で、素手での取り扱いが可能なほど安心、安全なのです。

 

これからは、髪の毛はもちろん、頭皮にもやさしく、安全な白髪染め、毛染めを選びたいものです。

 

 

>>>ジアミン系の化学薬品を使用していない市販の白髪染めはこちら<<<

関連ページ

ヘアマニキュアってなに?
白髪染めというとヘアカラーではなくヘアマニキュアタイプの白髪染めトリートメントが最近の人気です。一番お理由は髪の毛が傷まないということです。さらに素手でも白髪染めできるところも人気の理由です。
ヘアカラーには危険がいっぱい
たった1回で白髪がしっかり染まるヘアカラーですが、最近はあまり人気がなくなってきているようです。理由はその危険性に気づいた人が多くなってきたからです。ヘアカラーにはどんな危険性があるのでしょうか?
白髪があると見た目年齢が老けて見えます
髪の毛というのは、すぐに他人の目を集める、体の中でも最も目立つパーツの1つです。なので、老けた印象を与えたくなければ、やはり白髪染めは大切な身だしなみです。
白髪が生える仕組みとは?
髪が傷まず、短時間で面倒な手間いらず、そして汚れない。 市販の白髪染めなのに安心して手軽に白髪染めができます!
髪の毛や頭皮を傷めたくないなら
髪の家や頭皮を傷めたくないなら、ヘアマニキュア系の白髪染めが安心できるのでおすすめです。なかでも利尻白髪染めシャンプーは、シャンプーするだけでいつの間にか白髪がなくなっているのでうれしいです。