利尻白髪染めシャンプー公式サイト

↓ ↓ 

 http;//www.sastty.com/

トリートメントカラーの黒なら利尻白髪染めトリートメントがおすすめです

トリートメントカラーで黒をお探しなら、きっと苦労されているのではないかと思います。
各社いろんなカラーバリエーションで白髪染めを発売されていますが、色の種類としては、

 

・黒
・茶色系 2〜3色

 

というのが多いのではないでしょうか。

 

茶色は、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、モカブラウンなど何種類かありますが、黒のほうは基本1色のところが多いです。

 

LpLpは、ナチュラルブラックとソフトブラックがありますが、それほど自然な黒を出すのは難しいようです。

 

私の夫も白髪が目立つようになってきた30代後半から40代前半のころ、始めて白髪染めをしたのですが、当たり前のように市販のヘアカラーの「ブラック」を買ってきました。

 

はじめてのおつかいならぬ、初めての白髪染めだったのですが、その染め上がりがあまりにもひどかったのを覚えています。

 

妙に艶がない黒、それなのに、はっきりした黒、真っ黒。
まるで焼き海苔がのってるかのような不自然さでした。

 

ヘアマニキュアではなく、ドラッグストアで買った2剤式の永久毛染めのヘアカラーの黒だったので、染め直しすることもできず、数日間は、「白髪染めしました!」と宣言しているような髪の毛の色でした。もう一緒に歩くのも嫌なくらい、珍妙な仕上がりでした。

 

黒という色は、一見1色しかないような簡単な原色に思われますが、実はとても難しい色なんです。
呉服業界でも、いわゆる正装と呼ばれるでも紋付き袴や黒留袖という黒の着物がありますが、やはり染色については、黒が一番難しいとかお聞きしたことがあります。「黒屋」という専門業者、専門業種もあるそうです。

 

そんな黒ですが、私は夫が会社勤めのころに使っていた利尻白髪染めの黒が自然なような気がします。
例の真っ黒白髪染め事件で懲りた夫は、私が使ってきた利尻白髪染めトリートメントの黒を使ってました。他のメーカーも試してみたようですが、利尻の黒が夫には、しっくりきてとても自然でした。

 

 

↓↓ 利尻公式ページ ↓↓

 

http://www.sasty.com/lp/hct_a_c3/

 

 

 

 

 

関連ページ

利尻白髪染めトリートメントのナチュラルブラウンを買ってみた
利尻白髪染め ナチュラルブラウンが新発売!いままでのダークブラウンでは地味だし、ライトブラウンは少し赤いなと思ていたので、その中間色が新発売されたことはとてもうれしいです。
利尻白髪染めトリートメントの口コミ情報をいただきました
利尻白髪染めトリートメントの口コミが気になったので情報を集めてみました。いくらヘアマニキュアタイプの白髪染めだとはいえ、一度染めるとすぐには元に戻りません。初めての白髪染め剤を使うときは、いつも仕上がりが不安です。使う前に口コミ、評判をチェックすると少し不安がなくなります。
利尻白髪染めトリートメントの放置時間いついて
白髪染めトリートメントはマニュキュアタイプのため、市販のヘアカラーに比べると取り扱いが簡単ですが、使用方法や放置時間については説明書の指示をよく守りましょう。しかし白髪染めシャンプーはその点、シャンプーするだけなのでsらにカンタンです。