白髪染めシャンプーは
染まる?染まらない?

染まりました

 

いま人気の白髪染めシャンプー。
カンタンだけど気になるのは、本当に染まるかですね。
安心してください!本当に染まりました。
でもシャンプーでうまく染めるにはコツがありました。

 

おすすめの白髪染め方法はこちら

一押し
>>まずイチオシの白髪染めの方法を見る<<

 

白髪染めというと、汚れる、準備が面倒、待ち時間が長いなどなど、結構面倒です。

 

簡単で安全な白髪染めはないかと、いろいろ試してきましたが、なかなか満足できる白髪染めには巡り会えませんでした。

 

でもやっと満足できる白髪染め方法に巡り会えました。

 

 

 

面倒な白髪染めから解放されるまでの私の体験談口コミ日記

どうも43歳かよ子です。
出産直後から白髪が目立ち始め30歳を過ぎたころから白髪染めのお世話になっています。

 

 

いくらお肌のエイジングケアとかしてても、白髪が1本でも見つかると、とたんに4〜5歳は老けて見えてしまう のです。

 

見た目年齢も気にするなら、白髪染めは、いつもきちんとしておきたいものです。

 

「肌年齢」とは実際の肌の状態を年齢に換算するそうですが、もし髪年齢というものがあるとすれば、白髪も含めて見た目の年齢決まるのかなと感じてしまいます。

 

そんな「見た目年齢」には大きく影響する白髪ですが、早い人なら30代から白髪が増えてくるので、どうしても白髪染めが必要になってきます。

 

 

白髪染めシャンプーとトリートメントタイプを比べてみました

 

白髪染めというとたくさん種類やタイプがあって、どれを選んでいいかわからず苦労しました。

 

市販

 

 

特に白髪染めシャンプータイプがいいのか?トリートメントタイプがいいのか?
と、いろいろ使って試行錯誤しながら、けっこう迷ってしまいました。

 

 

 

白髪染めシャンプーってどんなもの?

白髪染めシャンプーは、シャンプーしながら白髪染めができるスグレモノです。
毎日使っているシャンプーを白髪染めシャンプーに変えるだけで、生え際の白髪や全体を少しずつ目立たなくすることができます。

 

カラーリングするわけではないので、使い始めてから白髪が目立たなくなるまでには少々時間がかかりますが、いったん目立たなくなれば、染まった状態のままでいるのは簡単です。時間がかかるのが気になるのであれば、最初だけカラートリートメントなどで染めてしまうのも良い方法ですね。

 

髪の毛の太さや髪質は個人差が大きいので、何日で充分に染まるというのは一概にいえませんが、シャンプーに髪の毛を染める色素が配合されているので、一定期間継続すれば目立たなくなります。ナチュラルな感じに染まって、白髪の本数も少なくなったように見えてきますよ。

 

 

 

白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントを染まるか試して比較

もちろん白髪染めは、カンタン、便利な白髪染めが一番!

 

でも、当然のことですが、白髪染めは染まればいいというものではありません。

  1. 汚れない、カンタン、便利
  2. 準備時間、放置時間が短い
  3. 髪の毛や頭皮を傷めない安全性

少なくとも、このような白髪染め選びのポイントはしっかりクリアしていないと困ります。

 

そして白髪染めしながらヘアケアまでできれば、さらにうれしいです。

 

夫婦で10年以上試行錯誤して、たどり着いたお気に入りのカンタンで髪の毛にやさしい白髪染めがこちらです。

 

シャンプー利尻 

 

 

テレビCMや新聞広告でおなじみの「利尻白髪染めシャンプー」と「利尻ヘアカラートリートメント」です。

 

 

「利尻白髪染めシャンプー」は2013年11月発売以来、累計販売200万本突破の人気シャンプーで、「利尻ヘアカラートリートメント」も2009年6月発売以来、各種ランキング1位のロングランのヒット商品です。

 

 

 

 

ヘナを含めて同じようなタイプの白髪染め商品がたくさんなるあるのに、なぜ利尻が人気なのかというと、どちらも白髪染めの仕上がり具合が他社の白髪染め剤とはレベルが違うからです。

 

白髪染めシャンプーは、今のところ利尻の一択ですが、白髪染めのトリートメントタイプは、結構たくさんの商品が発売されています。

 

しかし、既定の3回染めても染まり具合が中途半端であったり、髪にツヤがなくなったり、すぐに色落ちしてしまうものが多くありました

 

さらには、頭皮にやさしいはずのヘアマニキュアタイプにもかかわらず、頭皮にチクチク刺激を感じたものもありました。

 

これは実際に自分で白髪染めを使ってみないと実感できないことでした。

 

 

「利尻ヘアカラーシャンプー」VS「利尻ヘアカラートリートメント」 試して比較!

しかし、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントのどちらのタイプを選べばいいのでしょうか?

 

白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントを比較してみました。
比較項目は9項目です。

 

 

※1 濡れた手で使えば基本手袋不要ですが、石鹸で洗っても一時的に若干色が手に残ります。
※2 初回やしっかり染めたい場合は30分が推奨。
※3 初回は染まりにくいが、いったん染まれば持続できます。

 

 

利尻シリーズの特徴は、仕上りが白髪染めをしたと思えないくらい、髪の毛が傷まず、しっとりツヤツヤ髪になること。これは、シャンプータイプ、トリートメントタイプとも共通しています。

 

 

 

簡単さでは、白髪染めシャンプーの勝ちですが、染まりやすさでは、白髪染めトリートメントの勝ちです。
さて、どちらを選ぶか悩みどころです。

 

>> メニュー【目次:白髪染めシャンプー】に戻る

 

 

大発見!私がおすすめする利尻白髪染めシリーズのベストな使い方

 

でも、もともとめんどくさがりの私は、なんとか楽に!そして長持ちさせたい!と思い、最近だけでもこれくらい試しつづけています。
その結果、ついに大発見!したのが、白髪染めシャンプーを使ったこの方法なのです。

 

 

白髪染め 市販 

 

 

ポーラ 

最近ではポーラグローイングショットも試しましたよ

 

最もカンタンで効果的な白髪染めの方法

これまでさんざん白髪染めシャンプーとトリートメントタイプを比較してきましたが、結局どちらを選べばいいのでしょう?

 

白髪染めシャンプーはシャンプーするだけで白髪の心配がなくなるので非常に便利なのですが、はっきり言って初回は白髪染めシャンプーだけでは、なかなか染まりません!

 

私の経験では、白髪のある状態からシャンプーだけでスタートすると、白髪染め完了まで10日〜14日以上かかります。

 

なので初回に限って言うと、最初から最後まで白髪染めシャンプーだけで白髪染めするというのは現実的ではありません。

 

それならばと、オススメの白髪染め方法がありました。

 

それは私が【大発見!】した白髪染めシャンプーの効果的な使い方で、白髪染めシャンプーとトリートメントのいいとこ取りをするという方法です。

 

 

利尻 

 

白髪染めトリートメントは、1回で染めるのが得意

 

白髪染めシャンプーは、毎日少しずつ染めるのが得意

 

まず初回だけでも利尻ヘアカラートリートメントでキレイに白髪染めを完了してから、その後は利尻白カラーシャンプーに切り替える という方法です。

 

 

最も効果的な白髪染めの方法

「初回の白髪染め」や「染まり具合が気になった時」は、白髪染めシャンプーに利尻白髪染めトリートメントを併用するのががおすすめなのです。
 

 

 

白髪染めシャンプーは白髪染めトリートメントより染める力が小さいです。

 

なので、いきなり白髪染めシャンプーで白髪染めを始めるよりは、いったん利尻白髪染めトリートメントで染めてから、白髪染めシャンプーに移行するほうが、安くて、仕上りがよく、その後の色落ちも防げ、色持ちもよくなるのです。

 

この方法は、同じメーカーから発売されている白髪染めシリーズだから可能な方法です。
市販のヘアカラーには強い化学反応が利用されているため、メーカーやブランドが異なる白髪染めでは、「混ぜるな危険!」というリスクもあるかもしれません。

 

しかし利尻の2つの白髪染めはどちらも無添加、天然由来成分によるヘアマニキュア型白髪染めなので、私の経験でも非常に相性がよく併用ができます
 

「利尻ヘアトリートメント + 利尻カラーシャンプー」の組み合わせ が、キレイに染め上げ、その状態をカンタンにキープできる最強の組み合わせだと思っています。

 

 

 

 

 

最強の理由は、染まるまでの早さ、仕上りの良さにくわえ、初期費用の安さがあげられます。

 

最近までヘアカラーを使っていた方やパーマをかけて間がないという方は髪の毛の表面に薬剤の影響が残っているため、はじめから白髪染めシャンプーを使うと、なかなか染まりません。

 

初回の白髪染めのときだけ、白髪染めトリートメントを使いたいという場合でも、トリートメントタイプも初回割引があります。

 

公式ページなら、割引キャンペーン価格で定価より安く変えるので、お財布への負担は小さくてすむというわけです。ですから、ドラッグストアや楽天やアマゾンのショップで買ってしまうと、初回割引の恩恵が受けられないので注意しましょう。

 

利尻カラーシャンプー

利尻ヘアトリートメント

 

 

 



>初回 1000円引き<

 

 

 

 

 



>初回 1000円引き<

 

 

 

利尻白髪染めの合わせ使いで色持ちアップ!

利尻白髪染めシャンプーとヘアカラートリートメントの「合わせ使い」は、私だけの裏ワザだと思っていたのに、今月の「Sastty通信」が届いたので読んだら、このこの方法が紹介されてたので驚きました。

 

 

 

 

いくらキレイに白髪染めをしても、毎日使うシャンプーが普通のシャンプーなら色落ちは仕方ないです。

 

しかし利尻シャンプーなら、初回「利尻ヘアカラートリートメント」を使った後、色落ちの心配なく美しい髪の毛の状態がキープできます。

 

 

 

 

 

シャンプー、トリートメントのどちらも初回お試し価格という特典があるので、各サイトから別々に申し込んだ方がお得です。

 

 

 

 

まずはトリートメントでしっかり染める

 

 

そしてカラーシャンプーでキープ

 

>> メニュー【目次】に戻る

 

 

 

 

 

 

 

白髪染めシャンプーは男性でも女性でも染まります

白髪は染めても染めても生え際や根元から日々生えてくるので頻繁に白髪染めが必要になってきます。これが思ったより大変なのです。

 

利尻白髪染めシャンプーと出会ったのは、そんな時でした。

 

 
しかし最初は疑問が・・・

答えは YES!

 

本当にシャンプーだけで染まるのか、正直疑ってました。
しかし予想に反して、ちゃんと染まりました。

 

 

 

女性の私もちろん、男性でもホントにシャンプーするだけでしっかり染まってくれました。 
女性も男性も使える白髪染めなので、別々に買わなくていいところも、おすすめできるポイントです。

 

メンズもOKの利尻白髪染めシャンプーです

 

↓ 男性実験台のうちのダンナです ↓

 

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

正直いつもなにかしらの白髪染めしている私では、その変化の過程がわかりにくかったので、本来はこれくらい真っ白の白髪夫で利尻白髪染めシャンプーの染まり具合を検証してみました♪

 

つやなし白髪が染まったうえに、らさらツヤツヤでボリューム感がでた ので驚きました!

 

>>白髪染めシャンプー実験結果

 

 

 

利尻カラーシャンプー

利尻ヘアトリートメント

 

 

 

リフトアップ化粧品 口コミ

>初回 1000円引き<

 

 

 

 

 

白髪染めトリートメント 口コミ

>初回 1000円引き<

 

 

 

 

 

 

 

白髪染めの効果を最大限にするには下準備も重要です

白髪染めの効果を最大限にするには、準備も大切です。

 

美容院で行う永久染めと呼ばれる強力な白髪染めでも、事前のシャンプーが必要なので、やはり最小限の努力で最大限の白髪染めの結果を望むなら、髪の家が染まりやすい状態にしておきましょう。

 

基本的には、白髪染めメーカーの使用上の注意やマニュアルに沿って白髪染めするのですが、やはり白髪染め前には、髪の毛や頭皮の汚れや皮脂は取り除いておくべきです。

 

またシャンプーについてですが、ヘアマニキュアの一種である白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーの場合、髪の毛の組織ごと染めるというよりは、髪の毛の表面に染料を少しずつ付着させていくというイメージなので、あまり強いシャンプーの使用はおすすめしません。

 

ノンシリコンであれば問題ないと思いますが、男性用のトニックシャンプーや強いスカルプシャンプーは、白髪染めの染料まで取り除いてしまうかもしれないので注意が必要です。

 

白髪染め前に注意すること

・白髪染めが髪の毛に行くわたるようブラッシングする
・お湯でしっかり髪の毛の汚れを取る
・白髪染め前に髪の毛の水分をとる

 

白髪染めの際に注意すること

・白髪染め剤はケチらない たっぷり使う
・シャンプーの場合はしっかり泡立てる
・トリートメントの場合は専用ブラシでしっかり行き渡らせる

 

 

利尻白髪染めシャンプー公式サイト

 

http;//sastty.com/



>白髪染めシャンプーをチェック<
 

 

 

>> メニュー【目次:白髪染めシャンプー】に戻る

 

 

 

白髪染め 市販で人気おすすめランキングはこちら

 

私が10年以上いろんな「白髪染め」とお付き合いしてきて、「簡単さ」「染まり具合」「安全性」「経済性」を比較したランキングはこちらです。
染め上がりと総合力で選ぶランキング

 

<< ランキング個ページへ >>

 

 

白髪用利尻カラーシャンプー

 

 

 

 

なんといっても簡単です
洗う + 染める が1本でOK!
シャンプーするだけで髪の毛が染まります。

 

無添加でさらにノンシリコン!
染毛剤の化学的な反応を利用していないため、
素手で安心安全に使えます。

 

いつもシャンプーを替えるだけで白髪染めが完了します。
徐々に染まっていくので、むらなく自然なヘアカラーが持続できます。
利尻ヘアトリートメントとの併用がオススメ!

 

※新色ナチュラルブラウン新発売!

 

・約1ヶ月使用可
・放置時間  0分

 

 

【辛口メモ】 初回はなかなか染まらない

 

 

>利尻カラーシャンプー公式サイト<

 

 

>利尻カラーシャンプー 口コミ<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格
容量
評価

 

 

 

初回限定
2500円(税抜)送料別

 

200ml

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪用 利尻ヘアトリートメント

 

 

 

 

白髪染めなのに髪つやつや
白髪用ヘアカラートリートメント ブランドシェア 2015年 第1位!※

 

無添加の白髪染めだから髪の毛を痛めません。

 

 

なんと手袋いらず素手で使えます。

 

毛染めというよりトリートメント感覚で使えます。
利尻昆布に含まれるフコイダンなどのトリートメント効果もあり、なにより安心安全です。

 

・美髪成分配合
・所要時間は1回5分〜10分

 

 

※利尻ヘアカラーシリーズ・白髪用ヘアカラートリートメントブランドシェア
  2015年 全国第1位 株式会社富士経済「化粧品マーケティング要覧2016」調べ

 

 

【辛口メモ】ライトブラウンは赤みが強いかも

 

 

>利尻ヘアトリートメント公式サイト<

 

 

>利尻ヘアトリートメント 口コミ<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格
容量
評価

 

 

 

 

初回限定
2000円(税抜)送料別

 

200g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

POLA グローイングショット

 

 

 

 

とにかくサラサラになるからロングの方におすすめ
5分で色づくポーラの白髪染め。

 

さすがポーラ!
白髪染めなのに、さらさらボリュームアップ!

 

いつものトリートメントを替えるだけ
素手でも白髪染めができます

 

美容院のカラーと併用したい方
白髪も気になるけど
髪のハリ、コシ、ボリュームアップもしたい方におすすめです。

 

・素手でもOK
・お風呂で簡単5分
・1回でも色づくWピグメント処方
・研究・開発から生産まで安心の国内

 

お出かけ前のピンチには
「グローイングショットカラークイックブラシ」がおすすめ!

 

・美髪・頭皮を整える成分配合
・放置時間 わずか5分

 

 

【辛口メモ】 念入りにすすぎが必要です!

 

 

>>POLA 公式サイト<<

 

 

>グローイングショット使った!口コミ<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格
容量
評価

 

 

通常3132円
200g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LpLp (ルプルプ)

 

 

 

 

ダメージ0の白髪染め!
無添加・低アルコールなので、
素手でも白髪染めができるヘアマニキュアタイプの白髪染めです。

 

「タカラバイオ」との共同開発で実現した
【ルプルプ Wフコイダン】と【海洋深層水】

 

メディアでも紹介され注目を浴びている
希少品種、ガゴメ昆布から抽出した
海由来の美髪成分配合!!

 

・あんしんの返金保証付き
・定期コースなら1回 約200円
・放置時間 10分〜30分

 

 

【辛口メモ】 染め力ツヤツヤ力もう少し欲しい。

 

 

>>LpLp 公式サイト<<

 

 

>>LpLp 口コミ<<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格
容量
評価

 

 

 

通常3240円
初回1980円
定期購入初回3240円(1本無料)
定期2回目以降 2916円
送料は無料

 

200g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レフィーネ

 

 

 

 

癒して染める!業界初 白髪染めヘッドスパ
1本で 白髪 + 地肌ケア ができ、
マイナス5歳の美人髪が実現します。

 

ドイツファンゴを配合したスカルプケアで
素手で頭皮や傷んだ髪の毛のケアができます。

 

10種の天然成分と7種の養毛成分を配合
髪の毛内部を補修しながら、育毛力もサポートします。

 

気に入らなければ全額返金保証

 

・費用は1回 約240〜360円
・放置時間  乾いた髪 15分〜30分  濡れた髪 10分〜15分

 

 

>>レフィーネ 公式サイト<<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格
容量
評価

 

 

 

通常 3564円
定期コース2894円

 

300g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒耀(こくよう)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無添加・無着色・無香料の100%

 

大島紬で使用される自然染料「シャリンバイ」配合

 

もちろん素手でヘアケアができます。

 

シャンプーの草木染めとヘアパックの泥染めを
交互に繰り返し染めるタイプ

 

じっくり時間をかけて自然い染め上げます。

 

・放置時間  3分

 

 

 

>>黒耀 公式サイト<<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価格
容量
評価

 

 

 

シャンプー、ヘアパックセット
6804円

 

各350ml

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>> メニュー【目次】に戻る

 

 

使いやすさで白髪染めを選ぶなら
ヘアマニキュアタイプのものが、準備や後片付けの手間が少なく、素手でも白髪染めできるほど安全なので、おすすめです。
できればシャンプーにせよ、トリートメントにせよ、1本で白髪染めが完結するものが望ましいです。

 

 

コストで白髪染めを選ぶなら
いくら安くてもヘアカラーのように化学薬品の刺激がつよい“昭和の”白髪染めは、あまりおすすめできません。
もちろん肌が強く、アレルギー反応が起きにくい方は問題ありませんが、髪の毛や頭皮に刺激の少ない白髪染めがオススメです。

 

また、定期購入やまとめ買い、会員割引、ポイント制度がある白髪染めなら、かなり安く買えることができるので、購入方法も要チェックです。

 

色で白髪染めを選ぶなら
白髪染めは、おしゃれ染めやヘアカラーのように多くのカラーバリエーションはありません。
しかし多くの白髪染めトリートメント、白髪染めシャンプーメーカーからは、黒+ブラウンで数色のカラーバリエーションが用意されています。

 

ただし、メーカーによって仕上がりの色には特徴がありますので、口コミ等でチェックしておきましょう。

 

 

>> メニュー【目次:白髪染めシャンプー】に戻る

 

口コミから見えた白髪染めシャンプーの4つのメリットとデメリット

 

白髪染めトリートはの使い方は、2剤式のヘアカラー、市販のヘアマニキュアとほぼ同じなので、その長所短所は知られていますが、白髪染めシャンプーはどうなのでしょうか?
簡単便利でいいコトずくめのような利尻白髪染めシャンプーやトリートメントにも、やはり長所短所があります。

白髪用利尻カラーシャンプーで気をつけたいところ

生まれて初めて白髪染めをするという方はともかく、いままでなんらかのヘアカラーをしてきた方やパーマをかけている方は、特に白髪染めシャンプーはとても染まりにくいです。
 

トリートメント

 

これは白髪染めシャンプーに限らず、すべてのヘアマニキュアに言えることです。髪の毛表面に残留しているヘアカラーやパーマの薬剤が影響して、初回は白髪染めシャンプーの色が乗りにくいようです。

 

ヘアマニキュアの説明書を見ると、「前回のヘアカラーやパーマからは3週間以上、間隔を開けてください」との注意書きも目にします。

 

ですから、このような方は、いきなり白髪染めシャンプーで白髪染めすると、染まるまでに時間がかかります。相性が悪いと3週間くらいかかることも・・・

 

よく口コミに「利尻シャンプーは染まらない!」と書かれているのは、きっとこのパターンです。

 

注意

 

利尻白髪染めシャンプーのメリット良かった点

利尻シリーズといえば、天然成分を無添加なので髪に悪影響の成分が入っていないことは知ってましたので、安全性には全く不安はありません。

時間のかかる白髪染めはもう不要!

 

シャンプーを利尻白髪染めシャンプーに替えるだけ!

 

ムラなく、徐々に染まる自然な染まり具合!

 

毎日染めるから生え際白髪、根元白髪、分け目白髪の心配なし!

 

利尻白髪染めシャンプーのデメリット気になる点

長所の裏返しが短所だと言われますが、やはり欠点がないわけではありません。
もちろん改善策もありました。

毎日利尻カラーシャンプーを使わないといけない

 

市販のシャンプーよりは高価

 

1日や2日という短時間では染まりません

 

1番目の欠点については、いままでのシャンプーから利尻カラーシャンプーに替えれば解決できます

 

2番目の欠点については、 「初回割引」や「まとめ買い割引」 、また購入すると届けられるDMの「お誕生日割引」や「キャンペーン」「クーポン」や「ポイント」を上手に利用すると、定価の3500円より、かなりリーズナブルに購入することができます。

 

ただしシャンプー代は、市販のシャンプーより若干お高くなるかもしれませんが、今ままでのような白髪染め代は不要となるので、トータルの白髪染めにかかるコストは逆に安くなります。
 
3番目の欠点についてですが、一度キレイに白髪染めが完了すると、あとはメンテナンス的に毎日シャンプーするだけなので問題ないのですが、どうしても初回の白髪染めには、最短でも10日間、一般的には2週間程度の期間が必要です。

 

 

利尻白髪染めシャンプーの口コミ

ブラックを選んだのは、それまで選んでいた白髪染めやヘアマニキュアの色に近かったのと、口コミでブラックを使用した方の方が色づきについては評価が高かったような気がしたからです。
使い方は、泡をつけた状態で少し時間を置いた方が色づきはいいようです。
私の場合は、素手は試したことないですが爪とかに色が残ると嫌なので、念のためビニール手袋着用、泡立てた後は顔や首に泡が垂れてこない様にタオルを巻いてビニールキャップをかぶり、それから身体を洗ってその後に洗い流すというような流れに落ち着きました。

 

 

ブラック使用。ショートヘアです。6日目から、生え際が染まり始めました。染まりはいいと思います。爪の間に染料が付くと嫌なので、手袋をして洗ってます。風呂のタイルにも、飛び散らないように、気をつけてます。
シャンプーして、すぐ洗い流さないで、キャップして、5分ぐらい置いておくと、染まりがいいです。その後、カラーケアコンディショナーです。髪の質感は、特に良くもなく、悪くもなく。かなり真っ黒なので、重い印象なのですが、モード系と思う事にします。

 

 

それなりに染まっていると思います。
ジムの友達(私より一回り以上年上)が使っていて、1カ月以上染めていないけどこのシャンプーを使っていると全く白髪が目立ちませんでした。
彼女はダークブラウンを使っていましたが、私は悩んでライトブラウンを購入。
黒い髪が全体的に明るくなりました。
白髪も完全に色はついていませんが明らかに色がついているのはわかります。
これはダークブラウンくらいにしてもよかったかも?と思うので、次はダークブラウンを買う予定ですが、ヘアカラーを使ってもとても染まりの悪い私にはこれを使うことでカラーの頻度が開けられるのでよいです。

 

あとこれを使うとトリートメントが不要です。
シャンプーだけで髪の毛がさらっさらになります。
これは昆布の力なのか?
しばらく使い続ける予定です。

 

白髪染め 口コミ

 

 

 

 

 

>> メニュー【目次:白髪染めシャンプー】に戻る

 

 

口コミから見えた白髪染めトリートメントの4つメリットとデメリット

 

使い方は、以前からある2液式のヘアカラーに似ています。
しかし、化学反応で無理やりキューティクルを壊して染めるという方法ではなく、ヘアマニキュアタイプなので、安全に白髪染めができます。

 

利尻白髪染めトリートメントのメリットといえば

利尻白髪染めトリートメントは白髪染めシャンプーと同じく無添加ノンシリコンなので、安全性には不安はありません。

ダメージ補修成分とヒアルロン酸などの保護成分配合!

 

月に数回10分〜の白髪染めトリートメントをするだけ!

 

白髪染めなのにカラダや浴室が汚れない!

 

乾いた髪でも濡れた髪でも使用OK!

 

利尻白髪染めトリートメントのデメリットといえば

利尻トリートメント特有のデメリットはありませんが、一般的なへマニキュアの欠点をなくすことはできていません。

1回10分〜の放置時間が必要

 

市販のヘアカラーよりは高価

 

白髪染めの間隔が開くと根元白髪ができてしまう

 

利尻白髪染めトリートメントの口コミ

仕上がりがサラサラ。トリートメントしたようにいい感じです。
惜しむらくはカラバリが少ないこと。
もっと攻めた色も欲しいところです。
もう少しバリエーション増えたらリピしたいです。

 

白髪染めが、体に悪い成分が入っていると聞き、こちらを購入ししました。
なかなか染まらないと書いていた人はが多かったので、染まりやすい方法を
調べてから試しました。
ノンシリコンシャンプーで洗う。
良く乾かした後塗る
手袋を使う
ラップで髪を巻き、30分程度おく。
これを実践したら、結構良く色がつきました。

 

 

主人の白髪に使用してます。白髪染めではなく、ヘアマニキュアだと思って使っています。
主人はアトピーなのでこれだったらいいかなと思い試しました。頭皮の異常もなく、主人は気に入っています。
染め上がりをしっかりしたければ、
 ・髪の毛に付けた後、ラップ+タオルを巻いて時間(30分くらい)を置いてから洗い流す
 ・髪の毛に付けた後、ドライヤーの熱を髪にあてた後(昔のパーマ屋さんの機械の様に、全体に熱風を髪の毛にあてる)洗い流す
主人の頭を観察してると、しっかり染めたら、3週間もってます。15分ぐらい置いて染めた場合、1.5週間ぐらいもちます。
こまめに付ける事が一番だと思います。

 

白髪染め 口コミ

 

 

 

 

 

>> メニュー【目次:白髪染めシャンプー】に戻る

 

 

 

白髪染め (市販)のおすすめの選び方

 

たかが白髪染めと考えがちですが、白髪染め選びは気をつけないと、アレルギー性皮膚炎を起こしてしまうこともあります。
先日、私の叔父がとうとう白髪染めによる「皮膚炎」にかってしまいました。
「よく染まるから」「安いから」という理由で選んだヘアカラーで、頭皮から顔半分に湿疹と腫れが4日間つづきました。
白髪染めを選ぶ際には、まず安全性の高いものを選ぶことを最優先しましょう。

 

はっきり言って今までの白髪染めは面倒でした

美容院での白髪染めは予約が必要

 

白髪染めは正直 面倒です

 

 

 

事前に予約が必要

すぐに予約が取れない!1週間後じゃ遅いのよ?

 

けっこう時間がとられる

2時間なんて、あたりまえ 世間話は苦手です〜

 

さらに高額

白髪染めに 5千円とか1万円は高すぎる〜

 

だから、なおさら白髪を見て見ぬふりしてしまうのです。

 

>> メニュー【目次】に戻る

 

 

自宅で白髪染めをするのは準備と後片付けが大変です

自宅で自分で行う白髪染めは、準備と後片付けがけっこう大変です。
さらにそのうえ、アレルギー性皮膚炎を起こしてしまう危険な白髪染めも市販の白髪染めにはあるそうです。

 


市販のヘアカラーには安全ではない白髪染めも・・・
 

 

 

 

 

白髪染めならドラッグストアに安くで売っている、1回で染まる白髪染めではダメなのでしょうか?

 

まずは、一般的な化学反応で染める白髪染めには、このような 欠点や危険性 があることを知っておくべきです。

 

ヘアカラーには髪の毛や頭皮が傷んだり皮膚炎のリスクもある

 

皮膚炎の事例についてはこちら) 

 

自宅でヘアカラーすると浴室を汚してしまう

 

ヘアカラーには放置時間が必要

 

一度ヘアカラーをするとカンタンにはやめられない

 

 

面倒だから、ついつい白髪染めをサボってしまう

このように、白髪染めには、「面倒」と「危険性」が潜んでいるので無意識のうちに、白髪染めはしなくてすむなら、実はやりたくない〜と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

しかし現実には、急な約束やお誘いがあった時にばかり、見つかってしまうのが「白髪」なんです。前もって予定がわかっていたら、白髪染めできるのに・・・。

 

そんな外出前に、たとえ1本でも見つかると、もう一日中、白髪のことばかりが気になってしまいます。

髪は常に絶対に見せない!

 

もカンタンに白髪染めがしたい!

 

 

だったら毎日白髪染めをして白髪の心配をなくしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>白髪染めシャンプーランキングへ戻る!

 

 

>> メニュー【目次:白髪染めシャンプー】に戻る

 

 

 

本当に楽して安全に染まる白髪染めなら何がおすすめ?

楽な白髪染めを使うには、まず最低限の白髪染め選びのポイントを知っておき必要があります。
白髪染めは、種類によっては化学薬品の刺激が強いものもあるので、安全性はまず第一に考えて選びましょう。

 

安全な白髪染めの選び方とは

では安全な白髪染めはどのように選べばいいのでしょうか?
繰り返し言いますが、白髪染めで市販されている2液式、2剤式のヘアカラーは、しっかり染まるようですが、その反面、このような難点もあります。

 

髪の毛や頭皮が傷む

 

準備や後始末に手間がかかる

 

汚れがつくと落としにくい

 

独特の刺激臭がある

 

 

 

こんな危険知らなかった・・・

 

2液式の白髪染め剤で染まる仕組みは、まず化学薬品で強制的に髪の毛表面のキューティクルを壊します。

 

つぎに髪の毛内部に化学色素を浸透させて白髪染めをするため、髪の毛の組織も破壊してしまいます。

 

 

 

 

だからその結果、髪の毛の潤いやハリがなくなってしまうのです。
また、科学反応を起こすため、頭皮や地肌への影響も少なくありません。

 

白髪染めシャンプーにはヘナを使ったものもありますが

市販のヘアカラーの危険性が知られるようになって、一時天然ハーブで白髪染めするヘナがブームにもなりました。

 

ただし、ヘナにはヘナ単体で白髪染めに合う色が出せないため、もともとの赤褐色に「藍など」を混入して色の調整をします。そのためか、白髪染めができるまで、かなりの日数がかかります。

 

また、藍が添加されるためアレルギーのある方には、ヘナはおすすめできません。

 

最近の市販されている白髪染めの中には、ヘナ同様、化学反応などの欠点が改善されているものがあります。また、白髪を染めながら、髪の毛に必要な栄養分を与えてくれるという、ヘナ以上にやさしく、ヘナ以上に早く染まるものが人気のようです。

 

 

安全な白髪染めを選ぶには?

髪の毛や頭皮にやさしいカンタン白髪染め選びには、いくつかポイントがあります。

 

 

 

 

髪の毛の組織を破壊せず染めることができる

 

無添加、天然成分で染まる

 

手袋やコールドクリームなしでお手軽に使える

 

白髪染めをしながらヘアケアもできる

 

初回購入や定期購入ならお得な割引制度がある

 

 

これらのポイントがクリアできている白髪染めなら、いままで仕方なくやっていた白髪染めも、これからは安心して、お手軽、カンタンにできますね。

 

 

 

利尻が敏感肌の方に人気があるのには理由があります

私も以前には、美人女優のテレビCMで有名な2液式のヘアカラーを愛用してましたので、こういう永久白髪染めタイプには、頭皮が皮膚炎をおこす危険性が高いことを知って驚きました。

 

混ぜ合わせることで化学反応を起こして、毛髪の組織を破壊しながら毛染めするので、頭皮にもかなり負担がかかるので、特に頭皮の弱い方にはおすすめできません。

 

実際に最近になって、従来のヘアカラーで重篤な皮膚炎を発症していることがニュースでも報告されているので、特に敏感肌タイプの方は注意が必要です。

 

この白髪染めによる皮膚炎は、花粉症と同じ蓄積型のアレルギーなので、前回までなんともなく使えていた方が、ある日突然、重篤な皮膚炎を起こしてしまうことに怖さがあります。バッチテストをしていても刺激が蓄積すると発症するそうです。

 

もし白髪染めで頭皮にチクチク刺激を感じる方は、発症寸前かもしれませんので注意しましょう。
 
 
<ご参考>
消費者事故調(消費者安全調査委員会)による
毛染めによる皮膚障害 調査報告書はこちら

 

NHK記事
「カラーリング剤で皮膚炎相次ぐ 危険性表示を」はこちら

 

>> メニュー【目次:白髪染めシャンプー】に戻る

 

 

 

 

白髪染めシャンプーとトリートメントを使った私の口コミ感想文

いろいろと白髪染めについてタイプ別に説明してきましたが、私が利尻白髪染めシャンプーと利尻白髪染めトリートメントを選んだ理由や実際に使った乾燥や口コミをご紹介します。

 

白髪染めシャンプー人気の秘密とは?

実は最初は利尻シリーズには見向きもしませんでした。
なぜなら、「利尻昆布」からとった商品名がいかにも垢抜けしてなくて、オシャレ感ゼロだったので、きっとご年配用の白髪染めだとばかり思っていました。

 

しかしママ友にすすめられて使ってみたところ、一度でとりこになってしまいました。やわり人気の白髪染めには、人気の秘密がありました。

 

白髪染めシャンプーの人気には秘密があります

一般的に白髪染めというと、面倒で髪の毛が痛む上、皮膚炎の恐れまであるという厄介者ですが、利尻白髪染めシャンプーなら、安全性の高いうえにシャンプーするだけで染まります。

 

無添加なので酸化染料による皮膚炎のリスクもかなり少なく安心です。

 

 

 

いままでは、白髪染め前にシャンプーして、乾かして、そして白髪染めというの3ステップでしたが、利尻白髪染めシャンプーならシャンプーのみの1ステップとなりました。

 

化学薬品無添加なので、白髪染めなのに素手で使えて、染め汚れの心配もありません。さらに白髪染めの最大のデメリットである髪の毛の「ごわごわ」傷みが起こりません。

 

すなわち、利尻白髪染めシャンプーはとってもいいことずくめなシャンプーなのです。

 

 

しかし欠点がないわけでは・・・

 

白髪染め,市販,口コミ

 

髪の毛や頭皮にやさしい代わりに、1回使っただけでは染まりきりません。

 

利尻カラーシャンプーは、1回とか2回という短期間では染まりません。

 

 

個人差がありますが、3日目くらいから徐々に染まりだし、10日目くらいで目立たなくなり、14日目くらいを目安に白髪染め完了する方が多いそうです。

 

>>白髪染めランキングへ戻る

 

 

 

 

利尻白髪染めシャンプーをお試し購入てみました

もちろん買って試してみました
 
 

 

 

私自身も白髪が気になるので、定期的に白髪染めをしています。

 

しかし、頻繁には美容院へも行けないし、市販の白髪染めでは髪の毛が傷むので、一度試しに利尻カラーシャンプーを買ってみることにしました。

 

 

すると、すぐに届きました。

 

 

白髪用利尻カラーシャンプーは、すぐには染まらないという欠点があるのですが、実はこれが白髪染めでは長所にもなっているのです。

 

なぜかというと、徐々に染まるので、急激な見た目の変化がなく、自然に白髪染めができます。

 

また、毎日少しずつ白髪染めをすることになるので、市販の使いきりタイプの白髪染め剤のように、1〜2週間すると生え際の白髪が目立ってしまうということもありません。

 

 

 

特に白髪染めシャンプーではシャンプーの際に、こまめにブラッシングするので、根元からキレイに白髪染めが仕上がります。

 

 

そしてなにより頭皮にもやさしい白髪染めシャンプーなのです。

 

使い方は、濡れた手に出して、しっかりシャンプーで泡立てて、洗い流すだけ。

 

 

 

 

白髪染め,市販,口コミ

 

ただし、乾いた手に直接取ると、染め汚れが付着して落ちにくくなるのでご注意下さい。

 

急いで染めたい場合は、トリートメントタイプと併用すると、早くキレイに仕上がります。
 
また白髪染め効果も長持ちするのでオススメです。
 
そういえば最近トリートメントには、新色のナチュラルブラウンがカラーバリエーションに加わったので使ってみました。ライトブラウンより赤味を抑えながら明るくなったという感じで、とても気に入ってます。

 

 
この色は人気がでると思いますよ。
 
利尻白髪染め ナチュラルブラウン 私の体験レビューはこちら

 

 

 

 

 

そんなめんどくさがりの私でも、白髪染め用利尻カラーシャンプーには満足しています。

 

いままでは、トリートメントタイプのものを使ってましたが、さらにカンタン手間いらずです。

 

トリートメントタイプでも、素手でも白髪染めできるので、浴室も顔も手も汚れず、とてもカンタン便利きれいなのですが、ずぼらな私は、その放置時間を待つことさえ億劫でした。

 

 

 

 

サスティの利尻シリーズというと、
ジアミン・パラベン・鉱物油などの化学薬品が無添加、さらにノンシリコン。
 
安全安心のうえに、28種類もの天然由来成分により、白髪染めなのに「潤いのある髪」へと導いてくれます。

 

実際に使ってみると、白髪染めをした後のキシキシ感、ゴワゴワ感がまったくなく、昆布エキスなどのトリートメント効果により、しっとりツヤツヤになるのです。

 

 

正直いままで、いろいろ白髪染めを試してみましたが、いまはこの3種類で白髪染めが本当に楽になりました。

 

ブランドシェア、販売数などを見ても、さすが利尻シリーズは実績で信頼できるというのが率直な感想です。

 

 

↓  おすすめの利尻ヘアケアシリーズ一覧

利尻カラーシャンプー 利尻ヘアトリートメント 利尻白髪かくし

 

 

利尻カラーシャンプー

 

 

 

利尻ヘアトリートメント

 

 

 

利尻白髪かくし

 

 

 

>> メニュー【目次:白髪染めシャンプー】に戻る

 

利尻白髪染めシリーズの特徴とは

私の一押し白髪染めが利尻シリーズなのですが、シリーズにはこのようなラインナップとなっています。

 

  • 白髪染めトリートメント
  • 白髪染めシャンプー
  • 白髪かくし
  • 洗い流さないトリートメント

 

の4種類のアイテムがあります。
どれか1種類に頼り切るのではなく、実は用途別に使い分けをしています。

 

普段の白髪染めなら

 

日常的に使うなら 利尻白髪染めシャンプー です。

 

なんといっても、なんの努力もしなくても「分け目白髪」「生え際白髪」を撲滅できるので、もう手放せません。

 

特に男性には、おすすめNO.1です。なんといっても、ゆっくり染まるので、急激な見た目の変化がありません。ゆっくり10日以上かけて自然に染まるので、人の目も気になりません。

 

 

 

 

しっかり染めるなら

 

はじめて白髪染めを始めた時、しばらくサボってきた時、改めてしっかりメンテナンスしたい時などには

 

利尻白髪染めトリートメント です。

 

白髪用ヘアカラートリートメントブランドシェア 2015年 第1位!

 

 

 

お出かけ前の大ピンチには

 

時間がないときに、さっと塗って隠せるのが

 

利尻白髪かくし です。

 

洗い流し不要、手袋、ケープも不要なので助かります。

 

 

 

 

洗い流さなくてもいいヘアトリートメント

余談ですが・・・

 

トリートメントも白髪染め同様、時間と手間がかかります。

 

市販されている従来の白髪染めでは、毛染めをしたあとには、髪の毛がかなり傷んでしまうので、トリートメントでのヘアケアは必須でした。

 

市販の白髪染めランキングでも常に上位の利尻白髪染めシリーズは、無添加で化学薬品不使用なので、白髪染めによる髪の毛の傷みはほとんど起こりませんが、そうはいっても、紫外線やドライヤーの熱などで日々ダメージをうけています。

 

しかし、やはり時間と手間がかかるので、ついつい忘れがちになってしまいます。

 

そんなトリートメントの時間がかかるという欠点が解消されました。
 
洗い流さなくてもいいトリートがありました。

 

洗い流さなくていいので、お出かけ前の忙しい時間でも、簡単ひと塗りで、髪の毛の艶がよみがえります。

 

思ってたより安いので、お出かけ前にちょっと髪の毛にツヤを与えたい時には重宝します。

 

 

ただし、このトリートメントは、けっこう効きますので、つけすぎには注意してください。少量を髪の毛に塗ってしっかり伸ばしましょう。もちろん、無添加ノンシリコンです。

 

 

 

 

 

 

 

白髪染めシャンプーとトリートメントではどちらがいい?

白髪染めというと、ドラッグストアへ行くとかなりの種類が陳列されています。
大きく分けるとヘアカラーとヘアマニキュアに分かれ、ヘアマニキュアのなかに白髪染めシャンプーとトリートメントタイプがあります。

 

1. 2剤式ヘアカラー
2. ヘアマニキュア

 

大きく分けると、この2種類です。
ここからまず種類でしぼっていくわけですが、私が選ぶ条件としては、

  1. 汚れない、カンタン、便利
  2. 準備時間、放置時間が短い
  3. 髪の毛や頭皮を傷めない安全性

となっているわけですから、「1. 2剤式ヘアカラー」はまず落選です。
3つの条件のすべてにあてはまりません。

 

 

1. 白髪染めシャンプー
2. 白髪染めトリートメント

 

したがって、ヘアマニキュアタイプから選ぶことになり、「2. 白髪染めトリートメント」VS「3. 白髪染めシャンプー」の比較となるわけです。

 

白髪染めシャンプーとトリートメントタイプを比べてみました

いままで使ってみた中で白髪染めシャンプーは、利尻ヘアカラーシャンプー以外は及第点はあげられませんでした。現実シャンプーといてもシャンプーとヘアパックなど、2種類使うものが多く、「シャンプーするだけ」という条件では、選択肢は一択でした。

 

また白髪染めトリートメントについては、LpLp、レフィーネのように何種類か候補がありますが、染まり具合、仕上りのツヤツヤ度では、こちらも利尻ヘアトリートメントに勝るものはありませんでした。(もちろん私の主観です)

 

したがって、白髪染めトリートメントと白髪染めシャンプーを比較する条件は、利尻同士の対決となりました。

 

 

 

 

白髪染めシャンプーはドラッグストアや楽天通販でも買えますが・・・

ときどき利尻シリーズはドラッグストアでも見かけます。また楽天やAmazonの通販サイトでも販売されています。

 

でもドラッグストアや公式サイト以外の通販ショップで購入してしまうと、せっかくの会員特典がありません。この特典や割引は公式サイトから購入した場合のみのお得な特典なので、もし白髪染めシャンプーをドラッグストアで購入すると割引のない定価のうえ、せいぜいドラッグストアのポイントしかたまらないので注意しましょう。

 

 

 

公式サイトから会員登録して購入すると「初回割引」や「まとめ買い割引」「お誕生日割引」や「キャンペーン」「クーポン」や「ポイント」をなどの特典や割引があるので上手に利用して安く買いましょう。

 

>> メニュー【目次:白髪染めシャンプー】に戻る

 

ポーラ白髪染めの特徴とは

 

ヘアケアもスキンケアもエイジングケアというとPOLAは要チェック!です

このところ、POLA(ポーラ)のCMをよく目にするようになりました。
ポーラというと、お高いイメージのある化粧品メーカーですが、手が出そうな範囲でもいろいろあります。

 

白髪染め3位にも「グローイングショット カラートリートメント」がありますが、そのほかにもトリートメントやエイジングコスメが人気です。

 

 

40代以降の様々な髪の悩みに対応!

 

ハリ、コシのあるグラマラスな髪の毛を目指すなら、こちら。
5分で染まる「ヘアカラートリートメント」との併用もOKです。

 

他社の白髪染めに プラスαを求めるならコレ!

 

髪と頭皮を同時にエイジングケアできるので、
頭皮の乾燥や皮脂つまりでお悩みなら、こちらもオススメです。

 

 

 

ポーラというとエイジングケアで有名です

ポーラの基礎化粧品というと、BAシリーズが有名ですが、正直高くて手が出ない・・・
と思っていたら、意外と手が出そうなものもあるんですね。

 

 

>> メニュー【目次:白髪染めシャンプー】に戻る

 

 

 

 

 

 

白髪染めシャンプー最大のメリットって実は…

今まで述べてきたように、白髪染めシャンプーは毎日ちょっとずつナチュラルな感じで白髪を染めていくことができるのですが、これが最大の利点というわけではありません。

 

もちろん長所の1つではありますが、他にも長所はあるのです。

 

トリートメントタイプの白髪染めもあって、こちらも同じように毎日ちょっとずつ白髪を染めることができるので、白髪染めシャンプーだけが持っている長所となると、以下の2つが挙げられますね。

 

 

白髪染めシャンプーだけが持つメリット

・シャンプーのときに色落ちするのを避けることができる
・塗り残しがほとんどない

 

さまざまな白髪染めのアイテムが市販されていますから、どれが自分に合っているのか分からない人もいるかもしれません。ただ、シャンプーで色落ちしてしまうことと、染め残しの心配があるなら、1度白髪染めシャンプーを試してみても良いでしょう。

 

 

白髪染めの天敵「染め残し」がない!!

自分で染める場合に、まんべんなく染料を塗るのは結構大変!
説明書きを読みながら、充分な量を髪の毛に塗ったとしても、塗り残しは避けられないものです。

 

クリームタイプのカラートリートメントを使ったことがある人なら分かるでしょうが、自分一人で塗り残しなく染めるのは至難の業ですよね。出来上がりを確認してみると、キラキラと白髪が目立つ箇所があって、ガッカリすることもしばしば。

 

染め残しは、白髪の量が多い人ほどその傾向が強くなります。自分では充分に塗ったつもりでも、髪の毛の裏側には届いていなかったりして、染料がきちんと塗られていないのですね。

 

なぜこうなってしまうかというと、人間の髪の毛は10万本から15万本もあるといわれているからです。こんなにたくさんあるんですもの、全部に均等に染料を塗るのは本当に大変……。白髪染めを自分でやるとかなり疲れてしまうので、美容院に行った方が楽で、自宅染めを辞めてしまった人もいるかもしれませんね。

 

でも、白髪染めシャンプーなら、髪の毛を染料の入った泡で1本1本包み込んで染めるので、塗り残しができる心配はないのです。

 

ドラッグストアやスーパーなどに置いてある市販の白髪染めでも、泡タイプのものがありますが、クリームタイプよりは塗りやすいですよね。ただし、薬剤の刺激が強いですし、ツーンと鼻に来る臭いがダメという人もいるでしょう。さらには頭皮や髪の毛が傷んでしまうことも否めません。
髪に優しい成分で、泡で均等に髪の毛に塗れるのは、白髪染めシャンプーだけといって良いでしょう。

 

誰でも、普通に毎日髪の毛をシャンプーしているわけですから、コレが白髪染めになると聞けば、方法が簡単なのはイメージできるでしょう。シャンプーの原液を泡立てて洗い、後は普通に流すだけです。

 

 

シャンプーの色落ちをナシにできる!!

普通の白髪染めは、完璧に染めてもある程度時間が経つと退色してきます。美容院で染めても同じことで、白髪染め以外のオシャレ染めでも定期的に染め直しが必要なことは誰でもご存知ですよね。

 

でも、どうして色落ちするのかと聞かれると、イマイチ答えられない人も多いのでは?
普通に生活していて、その辺の空気によって退色するとは思えませんよね?!

 

実は、色落ちする一番の原因はシャンプーなのです。髪や地肌をキレイにする意味で行うシャンプーですが、実は染料も毎日少しずつ一緒に落としていきます。シャンプーにしてみたら、染料も汚れも同じようなものなのかもしれません。
手にマジックで書いた文字が、ハンドソープで薄くなるのと同じような感じです。

 

キレイに染めた白髪を元に戻してしまう犯人がシャンプーですが、白髪染めシャンプーは逆転の発想で、シャンプーする時間を白髪染めの時間にしてしまったのです!

 

色落ちの要因を絶って、逆に白髪染めの時間にするのは、白髪染めシャンプーだけが持っている長所なのです。

 

 

 

白髪染めシャンプーはこんな人に向いている

「あ、また生え際が白くなってる!」
白髪が目立ってきた女性にとって、白髪染めは本当に面倒でやっかいですね。
生え際だけでなく、染めた部分が色落ちしてくると、一気に老けた印象になってしまうので、定期的に美容院に行ったり、自分で染めている人がほとんどでしょう。

 

髪の毛が伸びる速度が速い人だと、1ヶ月経つとかなり目立ってくる場合もありますし、中には2週間おきに染めるという人もいるみたいですね。こうなると、白髪染めの薬品による頭皮や髪の毛のダメージも心配になってきます。

 

でも、定期的に白髪染めをする手間を省いてくれる、画期的なアイテムがあるんです。
それが、「白髪染めシャンプー」です。毎日お使いのシャンプーを白髪染めシャンプーに変えるだけで、ずっと白髪が美しく染まった状態をキープでき、生え際の悩みともサヨナラできます。
白髪染めをするのって、美容院に行くにしても自分で染めるにしてもかなり時間を取られますが、シャンプーなら毎日するものですから、わざわざ時間を取る必要がありませんね。

 

そうはいっても、白髪染めシャンプーも万能ではありません。短所やリスクもありますから、その辺はきちんと分かった上で使った方が良いでしょう。一般的に髪に優しい白髪染めシャンプーですが、選び方を一歩間違えると、少々危険だったりすることもあるのです。

 

ここでは、実際に白髪染めシャンプーを使ってみたレビューや、購入前、使用前に知っておきたいリスクや危険性、さらには白髪染めシャンプーの利点などを簡単にまとめましたので、よろしければ是非ご参考にしてください。

 

 

 

白髪染めシャンプーの選びで確認すべき注意点とは

白髪染めシャンプーは万能のように感じる人も多いでしょう。毎日使っていたシャンプーを変更するだけで、簡単に白髪が染まるのですから、何もいうことはないですよね。

 

しかし、白髪染めシャンプーを選ぶ際にはちょっと気をつけなければいけない点もあります。毎日少しずつ染めるものですから、継続して使う必要があるので、適当に選ばない方が良いのです。
普段のシャンプー選びをするときも、適当に決めている人はあまりいないでしょう。シリコンやノンシリコン、天然成分配合のものなど、みんないろいろ悩んで決めているはずです。

 

 

白髪染めシャンプーは頭皮にタップリ付着してしまいます

白髪染めシャンプーは、市販の2剤式のヘアカラーやカラートリートメントなどと比較して、髪の毛に与えるダメージはかなり少なくなります。ですから、髪の毛に優しいというイメージを持たれやすいですが、全ての製品がそうだというわけではありません。

 

「シャンプーは頭皮にべったりつけるもの」ですから、地肌を通して配合成分が吸収されてしまうため、配合成分のちょっとした違いが、のちのち大きく関わってくるかもしれないのです。

 

ヘアカラーでしたら、髪の毛だけにつけるものです。根元ギリギリまでつけても、それほど地肌からの浸透に関して考える必要はないでしょう。
その点、白髪染めシャンプーは、泡立ててから、頭皮につけてゴシゴシ洗うのです。白髪を染めるための染料と配合成分を地肌にすり込むのですから、何でできているかには注意する必要があるのです。

 

 

白髪染めシャンプー使うときは頭皮の毛穴も意識しましょう

白髪染めシャンプーを使用するときに、配合成分に気をつける必要があるのはなぜでしょう?
それは、頭にも毛穴があるからです。髪の毛が生えているのですから毛穴があるのは当然で、その数は10万個もあるのです。顔や腕の毛穴と比較すると、数も多くサイズも大きいのが頭皮の毛穴の特徴です。
そして、これらの毛穴と、直にシャンプーの成分が触れることになります。

 

一般的な育毛剤や化粧水でも、肌に直接つけて浸透させますよね。貼り薬や塗り薬でも同じで、皮膚から吸収させて効果が出るようになっています。スキンケアなどの場合は、より肌の奥の奥まで浸透させようとして、分子を細かくする技術がなされていたりするわけです。私達も、より肌に浸透力が高い商品を買い求めるようになってきています。

 

頭皮の場合はバリア機能があるので、配合成分が合わなくてすぐに問題が起きるというわけではないでしょうが、かぶれたり体に悪影響が出る可能性がないとは言い切れないのです。
シャンプーは毎日使うものですから、いつの間にか体に影響が出てしまってからでは遅いのです。

 

これは白髪染めシャンプーに限った話ではありませんが、何を選ぶときでも、入っている成分には注意して選んだ方が良いということですよね。
特に皮膚が弱くて、アレルギーなどを起こしやすい人の場合は、より慎重になった方が良いでしょう。
身近な食材に対してもいえることで、かぶれたり肌荒れを起こすことは珍しくありません。

 

 

衝動買いで失敗!の白髪染めシャンプー体験談

頭皮につけても安全なものとダメなものは、個人差もあるので一概にはいえません。
ヘナの白髪染めシャンプーの宣伝を見て、あまり気にせずに購入して使ってみたところ、体に痒みが出てしまいました。使用を止めると痒みも止まり、試しにまた使ってみると痒みの症状がぶり返すのです。結構高額だったのに、値段で安心してはいけないということですね。
もちろん、全ての人に合わないわけはないでしょう。コレが合っている人には良い商品なはずです。
でも、白髪染めシャンプーに限らず、頭皮につけるものは成分を良く確認してから購入した方が良いでしょうね。

 

一般的な白髪染めに比べると、白髪染めシャンプーはまだ商品数が少ないですが、それでも数社から販売されています。染まり具合や使用感もいろいろでしょうし、刺激が弱いといっても慎重に選んだ方が無難です。

 

市販の白髪染めシャンプーも出てきているようですが、裏書きの成分表だけでは配合成分を良く確認できないことが多いでしょうから、衝動買いするのは止めた方が良いですね。

 

 

 

安心安全な白髪染めシャンプーの見分け方とは?

一般的なシャンプーでも白髪染めシャンプーの場合でも、購入する際には、配合成分を充分に確認できる商品説明が充実したものを見付けることが大切です。
先ほどの失敗談で出てきたヘナのシャンプーには、「パラベン」が使用されていて、どうやらこれが良くなかったのかもしれません。しっかりと内容を確認しないで買った私が悪いので、これに関しては何もいえませんが……。

 

メチルパラベンとは、防腐剤の一種です。パラベンの中では肌への刺激が少ない方だといわれていますが、紫外線が当たると肌の細胞が老化するという説があります。

 

白髪染めやシャンプーに関したもので有名なのは、シリコンやジアミン、タール系の色素などです。いろいろな白髪染めシャンプーを見てみると、これらが使用されているものは多い印象ですね。

 

 

配合成分は一通りチェックしてみよう

特にパラベンが使用されていないかは、まずチェックしましょう。

 

改良が進んで安全性が高くなっているといわれていますが、個人的にはやはりパラベンが入っていないものを使いたいと思っています。

 

 

無添加の白髪染めシャンプーなら安心

世間にはいろいろな化学物質にアレルギーを持っている人がいますし、小麦粉などでもアレルギー症状を引き起こしてしまう人がたくさんいます。もう、この世の中に、100%安全なものなんかないのかもしれません。
でも、頭皮トラブルを避けるために、なるべく添加物の入っていない白髪染めシャンプーを選んで、気分良くナチュラルに白髪を染めたいですよね。

 

数ある白髪染めシャンプーの中で、私が無難だと思ったのは「利尻の白髪染めシャンプー」です。

 

利尻の白髪染めシャンプーは、株式会社ピュールから販売されています。「自然派clubサスティ」で有名な会社ですね。利尻カラートリートメントやカラースティック、カラーケアコンディショナーなど、白髪染めの商品を広範囲に取り扱っています。無添加にこだわりを持っていて、自社工場で作っているというのが信頼できますね。

 

白髪染めシャンプーには、パラベンや酸化剤、タール系の色素などは一切不使用で、天然色素についてきちんと公式サイトで解説されています。

 

しっかり染まるだけあって、原液を爪につけてしまうと結構落とすのが難しいです。きれいにマニュキアをしている人は、残念なことにならないように、手の平部分で良く泡立ててから使用してください。

 

利尻の白髪染めシャンプーを実際に使ってみると、染料は真っ黒で泡立てても茶色です。ちょっと違和感があるかもしれませんが、いつものシャンプーのように使えば特に気になる点はないはずです。

 

私はもともと白髪が多いので、ヘアカラートリートメントで染めた上からシャンプーを使ってみました。白髪染めシャンプーだから1回や2回使っただけでは変化はないだろうと思っていましたが、以外にも1回で結構染まっていました。

 

たくさんある白髪を一気に染めるとなると、正直なところシャンプーだけでは大変でしょう。カラートリートメントと併用するとより効果が出やすいと思います。

 

白髪染めは一気に色落ちするわけではないので、毎日シャンプーでちょっとずつ染色していけば、いつもキレイなままでいられそうです。

 

白髪の量やもともとの髪の毛の色などによって仕上がりは変わってくるのでしょうが、全くの普通のシャンプーとして使うなら断然オススメです。

 

最終的には自分に合っているかどうかでしょうが、毎日白髪を染めることになるので、なるべく安全なものをチョイスすればさほど心配することはないでしょう。
一気に染まってしまうこともないので、1回で変な色になってしまったという失敗も起こりませんしね。1度試してみて損はないでしょう。

 

 

白髪染めシャンプーをおすすめできる人は?

・白髪の染めムラや染め残しをなくしたい人
・白髪の量が多い人
・生え際の白髪が気になる人
・男性など、髪の毛が短い人
・なるべく髪の毛にダメージを与えたくない人

 

白髪染めシャンプーでは、はじめに色が定着するまで中途半端になりがちです。そんなときは、同じシリーズの利尻カラートリートメントを併用すると良いでしょう。色数が同じようにできていますから、ムラにならずに白髪染めできます。白髪染めシャンプーを使いながら、定期的にトリートメントで染めるという方法もありますよ。

 

白髪染めシャンプーには、しっかり染めることに重点が置かれていて、シャンプーとしての役割をないがしろにしている商品が見受けられます。
しかし、利尻カラーシャンプーは、髪の毛が潤う成分も配合しています。詳しいことは公式サイトで紹介していますから、ぜひ参考にしてみると良いですね。

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

項   目

利尻ヘアカラーシャンプー

利尻ヘアカラートリートメント

素材原材料

利尻昆布 植物由来の天然素材

利尻昆布 植物由来の天然素材

染  料

イオンカラー

イオンカラー

添加物

無添加・ノンシリコン

無添加・ノンシリコン

ニオイ

ほぼ無臭

ほぼ無臭

手袋の要不要

◎不要

◯若干着色する  ※1

頻  度

毎日

1週間から10日に1回

放置時間

0分

10分〜30分  ※2

完了回数

10回〜14回

1回〜2回

染まり具合

◯  ※3

 

 

美容院スタッフもおすすめの市販の白髪染めトリートメント人気ランキング

ランキング1位 利尻ヘアカラートリートメント

ランキング2位 LPLP ヘアカラートリートメント

ランキング3位 POLA【グローイングショット】カラートリートメント

ランキング4位 白髪用カラートリートメント【キラリ】

ランキング5位 ヘアボーテ シーエッセンスカラーホーム

ランキング6位 利尻カラーシャンプー

ランキング7位 資生堂プリオール カラーコンディショナー

ランキング8位 ラサーナ ヘアカラートリートメント

ランキング9位 エフキュア ヘアカラートリートメント

ランキング10位 黒茶のチカラ ヘアカラートリートメント

ランキング11位 フラガールヘアカラートリートメント

 

 

 

白髪染めのおすすめ人気ランキング10選

10位:花王 ブローネ泡カラー

シャンプーのような手軽さが魅力

「花王 ブローネ泡カラー」の評判・口コミ

9位:アートネイチャー ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメント

放置時間3分で徐々に白髪の目立たない髪に

「アートネイチャー ラボモスカルプアロマヘアカラートリートメント」の評判・口コミ

8位:WELLA ウエラトーンハイテッククリーム

髪を修復してから色を浸透させる新発想

「WELLA ウエラトーンハイテッククリーム」の評判・口コミ

7位:シュワルツコフヘンケル サイオスオレオクリームヘアカラー

お洒落染めのような明るい仕上がりが魅力

「シュワルツコフヘンケル サイオスオレオクリームヘアカラー」の評判・口コミ

6位:ダリヤ サロンドプロヘアマニキュア・スピーディ

ツルツルした仕上がりはさすがヘアマニキュア!

「ダリヤ サロンドプロヘアマニキュア・スピーディ」の評判・口コミ

5位:ホーユー ビゲン香りのヘアカラークリーム

色持ち長持ちでキラキラ白髪を軽減!

必要な分だけ使えて無駄が無い

「ホーユー ビゲン香りのヘアカラークリーム」に評判・口コミ

4位:WELLA ウエラトーン2+1白髪染めクリームタイプ

ミクロ粒子の色素が髪の芯からしっかり染める!

24色の豊富なカラーバリエーション

「WELLA ウエラトーン2+1白髪染めクリームタイプ」の評判・口コミ

3位:花王 ブローネワンプッシュカラー

頭皮にフィットする柔らかブラシで根元までしっかり染められる

付属のスポイトでいつでも清潔に使用できる

「花王 ブローネワンプッシュカラー」の評判・口コミ

2位:ダリヤ サロンドプロワンプッシュクリームヘアカラー

付属のブラシコームに技あり!

髪に優しい4つのトリートメント成分を配合

「ダリヤ サロンドプロワンプッシュクリームヘアカラー」の評判・口コミ

1位:ホーユー シエロヘアカラーEXクリーム

プッシュしやすい形状と染め剤を逃さないブラシコーム

髪を潤いながら白髪をカバー!

「ホーユー シエロヘアカラーEXクリーム」の評判・口コミ